植田基工の課題解決力で難工事をサポート。現場状況・用途などにより選べる「4工法」。[上空制限][狭隘地・狭小地]。

上空制限下での特殊工事

橋梁や架線など、上空に高さの制限がある難工事では、大型の基礎工事機械での施工は困難になります。
鉄道や道路の高架下工事・電線など架線下の工事・工場など建屋内で工事が主な上空制限下の工事です。
植田基工では≪低空頭スライド工法≫≪マイクロ全旋回工法≫≪全旋回オールケーシング工法(低空間タイプ)≫の3工法で、現場に併せた低空頭工法のご提案が可能です。

適応環境例

植田基工の“低空頭”特殊工法ラインナップ

  低空頭スライド工法 マイクロ全旋回工法 全旋回オールケーシング
工法(低空間タイプ)
  低空頭スライド工法 マイクロ全旋回工法 全旋回オールケーシング工法(低空間タイプ)
上空制限 5.0m ~ 4.5m ~ 6.5m ~
杭径 φ1000~1500mm φ800~1200 mm φ1000~2000 mm
最大掘削深度 ※1 35mまで 30mまで 35mまで
自重 約60.0ton ~ 約9.0ton ~ 約17.7ton ~
ジャッキ寸法
(L×W×H) 単位:mm
12,100×3,000×4,610 2,660×1,770×1,300 3,930×2,722×1,539
オールケーシング
障害物撤去 対応可能 対応可能 対応可能
硬質岩盤対応 対応可能 対応可能 対応可能
NETIS KT-100008-A - -
協会 低空頭スライド工法協会 - -
  工法詳細を見る 工法詳細を見る 工法詳細を見る

※1 最大掘削深度は地質状況により異なります。詳しくはご相談ください。

難工事にも威力を発揮

上空制限下の工事のみではなく、その他の難条件下での工事にも柔軟に対応可能です。

ページトップへ戻る