NETIS登録工法:KT-100008-A。低空頭スライド工法。今までは入れなかった、低空頭作業が可能に![空頭制限5.0m]

低空頭スライド工法の特長

新開発の「低空頭オールケーシング(全回転式)スライド工法」は、今まで重機が入らなかった5.0メートルの低空頭作業も可能となり、作業効率が格段にアップしました。
伸縮性のスライド式アームを採用により、狭小な現場でも作業が可能となり、従来の工法では、不可能だった建物内部の作業や高速道路等の桁下作業に最適です。
地中内部にあるコンクリート塊や鉄筋等の障害物、転石・岩盤を掘削することができる全回転式オールケーシング工法を採用。
ケーシングチューブを圧入先行し、回転させることで優れた掘削を可能にします。

  • 1空頭5.0mまでの上空制限下での施工が可能
  • 2杭径φ1000mm~φ1500mm
  • 3最大掘削深度35m
  • 4回転トルク1,180kN・m(120tf・m)の高出力

工法紹介動画

施工事例

体育館内部の基礎工事

  • 体育館内部の基礎工事
  • 体育館内部の基礎工事

従来の工法では、壁の一部を壊して機械を入れていましたが、低空頭スライド工法では、空頭5.0メートル以下でも現状のままで工事を可能にしました。

鉄道沿線基礎工事

  • 鉄道沿線基礎工事
  • 鉄道沿線基礎工事

鉄道沿線での場所打ち杭作業は、線路にかかる遮音壁上にクレーンブーム等が出る作業は夜間作業となりましたが、低空頭スライド工法はクレーンを使用しない工法のため、昼間の作業が可能となります。

橋梁拡幅・桁下工事

  • 鉄道沿線基礎工事
  • 鉄道沿線基礎工事

従来は、代替の仮設備を建設して、新たに新規の橋を建設していた橋梁工事ですが、低空頭スライド工法では、既存の橋の桁下に重機が入るため、車輌は従来の橋の上を通行したまま工事が可能で、大幅な工事削減になります。

※上記事例は山本基礎工業株式会社の事例となります

低空頭スライド工法

事例紹介

お問い合わせ

ページトップへ戻る