マイクロ全旋回工法。狭小な現場や低空頭な現場で威力を発揮![空頭制限4.5m][超計量:自重9ton][φ800~φ1200対応]

マイクロ全旋回工法の特長

狭小な現場や低空頭の場所に最適なマイクロ全旋回工法!

  • 1マイクロ全旋回掘削機の自重が約9tonと非常に軽量のため、10t車で搬入可能
  • 2新しく開発した超低空頭仕様のクレーンにより上空制限4.5mでも掘削可能
  • 3コンパクトな掘削機と、小回り性能抜群な20tonクレーンの組み合わせで狭い現場に最適
  • 4ハンマーグラブ掘削やアースバケット掘削も可能

施工事例

  • 某駅下水管渠築造工事
    某駅下水管渠築造工事
    鋼矢板打設中に障害に干渉、非常に狭い現場の為、マイクロ全旋回が採用された。障害内容は旧河川の護岸。
  • 茶屋町プロジェクト
    茶屋町プロジェクト
    非常に狭い現場の為、マイクロ全旋回が採用された。敷地境界から近接した作業です。
  • 某銀行オペレーションセンター
    某銀行オペレーションセンター
    銀行の基礎杭築造工事です。搬入路が狭くトレーラーが使用できないため、トラックに積載できるマイクロ全旋回SCD1200が採用されました。
  • 某モール岡山歩道橋工事
    某モール岡山歩道橋工事
    商業施設への歩道橋工事。幅5mの狭隘地での昼夜施工。
  • 某川通常砂防工事
    某川通常砂防工事
    雨水災害時における砂防工事に係る橋脚基礎杭工事。現場進入路の条件が厳しい為、マイクロ全旋回が採用された。道路幅3.2m、勾配10%以上、クレーンは300m手前より自走、マイクロ全旋回(9t)を15t車にて搬入しました。
  • 中之島にぎわいの森プロジェクト障害撤去工事
    中之島にぎわいの森プロジェクト障害撤去工事
    回転杭の先行置換工事。搬入ルートが非常に狭い為、10t車にて運搬できるSCD1200(マイクロ全旋回)を採用。

マイクロ全旋回工法の事例を見る

マイクロ全旋回工法

事例紹介

お問い合わせ

ページトップへ戻る